2016年02月11日

話題のEカップジャズピアニスト高木里代子が脱いだ

昨年、東京国際フォーラムで開催された「東京JAZZ FESTIVAL」でジャズピアニストながら、ビキニ姿でピアノを演奏するパフォーマンが受け、一躍時の人となった高木里代子。今回、その雄姿がリリー・フランキーの目に止まり、1月26日号の週刊SPA!の「グラビアン魂」に出演し、初グラビアに挑戦した。

 初のグラビア撮影に挑んだ彼女は、グランドピアノの前での白ビキニ姿になったり、ピンク水着で大胆ポーズをとったりとジャズピアニストが“普段絶対にしない”ながらも、セクシーショットを披露。その感想を「すごく楽しかったです! 中高時代から、雑誌グラビアを見るのが何気に好きだったので、まさか自分がこちら側に立つ日が来るとは……感激でした」と満足気な様子だった。

 さすが「エロすぎるジャズピアニスト」として注目を集める高木里代子。撮影もノリノリでこなしていたが、実際にエロいポーズを要求されたときはどんな気分だったのか。

「ピアノのライブのときも『今どんな風に見られ(聴かれ)ているか』を意識しながら、お客さんの視線を感じつつ、腰の角度や表情などを作って演奏したりもしています。でも今回、リアルにセクシーな水着(布)一枚で、読者にダイレクトに訴えるのは初めてだったので……なんだか、突然“裸にされてしまった”ような(笑)。ある意味、突然“バージン”になった気分で恥ずかしかったです。でも、そんな新鮮な気持ちがいいポーズに繋がったかなと思っています」

 さすがアーティストなのか、ポーズのみならず表情も豊か。グラビアアイドルとは違うエロティックな雰囲気も必見だ。

「表情を意識するのは難しかったけど、単純に私のグラビアを見て、いろんな妄想をしてくれたらいいな、と思いました。撮られている私も、すごくエクスタシーでした(笑)」

 写真だけではなく、コメントもジャズピアニストらしからぬ高木里代子。その根本にあるのは「ジャズにもっと興味を持ってほしいから」だとか。Eカップというセクシーボディを武器に、今後もさまざまな分野で活躍する彼女に期待したい。 

posted by 指標っち at 04:16| Comment(0) | グラドル | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年02月10日

かわいい…日テレジェニック2015  大澤玲美がウェディングドレス風水着でテンション上がる

「日テレジェニック2015」に選ばれ、モデルとしても活動中のグラドル大澤玲美が、3枚目のDVD『恋してれいみ』(イーネット・フロンティア)を発売し、東京・秋葉原で記念のイベントを行った。

 昨年10月にサイパンで撮影したという本作。最近サイパンでの撮影が多く、行きつけの和食店もでき、すっかりリラックスして撮影できたという。詳しい内容についても聞いてみた。
TMBT4456a.jpg
――内容を教えてください。

「私がキャビンアテンダント役になって、機長との恋物語が始まる……、みたいな内容です(笑)。台詞も多くて、ふたりだけで抜け出して『次のフライトまでどうしましょうか?』みたいなことを言ったりしています(笑)」

――特に見てほしいシーンは?

「パッケージのプールのシーンなんですが、実は前日が台風ですごく寒かったんです! プールの水も信じられないくらい冷たかったんですが、それと悟られない笑顔で頑張りました!」

――お気に入りのシーンは?

「ウエディングドレス風の水着は初めて着たのでテンションが上がりました(笑)。赤のランジェリー風の水着を着て演じたベッドシーンは、なぜか最初からノリノリで撮影しました(笑)!」

 日テレジェニックとしての活動もこなしながら、さらに新しいチャレンジをしていきたいという。今年は飛躍の年になるかもしれない。




posted by 指標っち at 02:00| Comment(0) | グラドル | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

橋本梨菜 見どころは上下左右に揺れるGカップ

アイドルグループ・sherbetのメンバーとしても活動するグラビアアイドル・橋本梨菜が31日、最新DVD『りな恋』の発売記念イベントを、秋葉原ソフマップアミューズメント館で開催した。
enn1511041540008-p3.jpg
 最新作は昨秋沖縄で撮影。「初めて彼氏が家に遊びに来る」というシチュエーションで、「リビングにお父さんのとお母さんがいるから大声でしゃべれないというシーンとか、海で遊んで帰って来たときの着替えを覗かれるとか、ドキドキするシーンがあります」。

 多彩な衣装も見どころで「念願だった」浴衣のシーンも。オーバーオールにTシャツのシーンでは「雨の中、公園でホッピングをやりました(笑)。雨に濡れるからTシャツを脱いで、オーバーオールの下は何もないというシチュエーションが恥ずかしくて。でも公園でふつうに子供たちが遊んでいたので、ポロリだけは全力で回避しました」。
enn1511041540008-p2.jpg
 ライブアイドルでもある橋本だけに、これまで4作の作品にはすべてダンスシーンが入っている。「どんなグラビアでもダンスは絶対にあるものだと思ってたんですけど、そうじゃないんですね。前回はバイクと絡んでと言われたんですけど、今回はシルバーの三角水着でソファーと絡みました。好き勝手に動いて、身体のラインがめっちゃ分かるので、私が男性だったら好きかもしれない。胸も上下左右に揺れ動いてます」。

 実際に彼氏が家に来るというようなシチュエーションはありそう?「大阪の実家に住んでいて、お父さんがびっくりするぐらい怖いので、難しそうですね。彼を連れてきたらボコボコにしちゃうぐらいの人なので」と苦笑い。理想の彼氏像については「自分がアウトドアなので、家でまったりより、いろんなところに遊びに連れて行ってくれる人がいいです。あと自分がたくさん食べるほうなので、いっぱい食べる人がいいです」と答えた。



posted by 指標っち at 01:50| Comment(0) | グラドル | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする